2017年2月6日月曜日

IFRSで今問われる、表示すべき利益とは?

こんにちは。イージフの野口です。最近のIASB会議で、新しく着手されることになったプロジェクトに、基本財務諸表があります。主な改訂対象は、IAS1号「財務諸表の表示」、IAS7号「キャッシュ・フロー計算書」などですが、今回のプロジェクトでは損益計算書とキャッシュ・フロー計算書に主な焦点が当たることになりそうです。

当ブログでも何度か紹介してきましたが、近年のIFRSはかつてより損益計算書を重視する立場を取っています。IASB外の国際会議などの場においても、投資家などの財務諸表利用者の意見は損益計算書、特に利益がどのように表示されるかということに対して、改善を求める意見が出されています。このプロジェクトでは、そのような財務諸表利用者からの意見を把握した上で、よりよい財務諸表の表示を検討することになります。

今挙げられている検討事項には、損益計算書やキャッシュ・フロー計算書において、複数の選択肢が認められている表示方法を統一するといったものが多くあります。このような複数の選択肢が認められてきた背景には、理論上どちらかに統一する決め手がなかったという理由が大きかったと思います。複数の選択肢が財務諸表の作成者側の負担を軽減しているのでもなく、このような規定は整理されることになると思います。

それだけでなく、議論を呼びそうな問題もあります。

純損益の他にEBITや営業利益などの段階利益を損益計算書上に表示する検討を行うことになっています。

現行基準では、有用である場合、独自に段階利益を表示することになっており、実際に企業が独自に営業利益などを開示されている場合が多くあります。それを統一的に企業間で比較可能な形で表示してほしいというのが財務諸表利用者からの要望です。

EBITについては議論の余地が比較的少ないのですが、営業利益の場合は、何をもって営業利益とするか、新たに議論が必要であると考えられています。日本基準ではもともと営業利益を表示しているのですが、IASBでは、日本基準でいうところの営業利益と少し違う利益を想定しているようです。企業のビジネスから獲得されたもので、非経常的な項目を含まない利益、というような経常利益に近いイメージかもしれません。

また、この問題は損益計算書だけに留まらず、営業利益の「営業」を、キャッシュ・フロー計算書のえ「営業活動」とも整合させ、損益計算書とキャッシュ・フロー計算書の関係性を明確にしようという検討も行われる予定です。

このプロジェクトでは、投資家等からの要望に応えることが目的であり、むやみにプロジェクトの範囲を広げるべきではない、という方針が確認されています。どこまで抜本的な改訂につながっていくかは、まだわかりませんが、どのような利益が表示されるべきか、議論は興味深いものになるのではないかと思います。


イージフ 野口

0 件のコメント:

コメントを投稿