2012年5月16日水曜日

IFRSと日本 これから何が起きるか 2

イージフの野口です。今回は前回記事の続きになります。


2011年の東日本大震災後は状況が一変しました。2011年6月に金融庁大臣からIFRS適用延期の発言がなされました。震災のダメージでIFRS適用どころではない、というムードになってきて、大臣自ら、「さまざまな立場からの意見に広く耳を傾け、会計基準がこれらにもたらす影響を十分に検討し、同時に国内外の動向、特に米国をはじめとする諸外国の状況等を十分に見極めながら、総合的に成熟された議論が展開されることを望む」という発言がありました。



そして、金融庁でIFRS適用を検討してきた企業会計審議会ではIFRSに否定的なスタンスをとっているメンバーが増えました。

その後、金融庁の企業会計審議会ではIFRS強制適用について議論の進め方を検討し直していますが、メンバーが増え、議論が分散し、なかなか検討が進まない状況が続いています。

これから、日本はどちらに進んでいくのか。そもそもの発端はIFRSをアメリカが適用するという話を受けて日本もそれに追随していたわけですが、日本がこのような後追いの姿勢を続けることは難しいと思います。前に紹介したとおり、アメリカでは「コンドースメント」という新たな方法を模索しています。アメリカくらいIFRS設定に影響力があれば、コンドースメントも1つの手段になり得ると思います。しかし、日本にはアメリカのようにIFRSを自国基準に合わせさせるようなコンバージェンスの進め方ができていません。日本がコンドースメントをやるというのは無理があると思います。

それでは、これまでのコンバージェンスをさらに続けていくのか。これも時間がかかる割に成果が上がりにくく、大変だと思います。では、アドプションにするのか。世界共通の会計ルールを適用することの恩恵を一番手っ取り早く受けられるのはアドプションだと思います。しかし、アドプションによって、会計制度について国のコントロールがきかなくなる部分ができるのですから、そこをどう対処するのか考えなくてはなりません。そこを手当てするには、エンドースメントというのも1つの選択肢になると思います。エンドースメントをする場合は、カーブアウトはできるだけ避けなくてはなりませんので、日本の意向がIFRSに反映されるようIASBへの働きかけが十分できないとならないのではないでしょうか。


どのみち、簡単な方法というのはないと思います。日本は自国の会計制度をどうするのか、根本的な問題について議論されないまま、IFRSがずっと語られてきたように感じます。今議論することは重要です。しかし、議論ばかりで結論を先送りすることはもうすべきではないと思います。今年中に結論がきちんと出るのかしっかり追っていきます。


イージフ


野口由美子



0 件のコメント:

コメントを投稿