2011年8月31日水曜日

日米ともにIFRS導入は停滞気味

イージフの松岡です。
IFRS導入に関する日米の最近の動向を紹介します。



1.日本の状況


企業会計審議会の総会が8月25日に金融庁で開催され、前回(6月30日)に引き続きIFRS導入についての議論がなされました。推進、反対、それぞれの委員が意見を述べたようですが、今後の方向性が定まるまでには至らなかったようです。

事務局の案として『現時点で検討が必要であると考えられる主要な項目』が11項目挙げられました。我が国の開示制度のあり方からはじまり、幅広く総論的なテーマが掲げられています。この中には、今、上場企業の経理部長が最も知りたいと思われるIFRS適用の時期と対象範囲といった項目がありません。


個人的には、日本基準を維持してIFRSを適用しないという選択肢はないと思っています。しかし、安藤会長は勢力を増してきた反対派に配慮してか、「2012年を目処に決めるということでIFRS適用を決めてはいない」と発言しており”適用するか否か”という点から議論をやり直すつもりかもしれません。

藤沼亜起氏(IFRS財団副議長)は、中国が旗振り役となってIASB内に組織した新興経済グループ(EEG)に言及して、「EEGはサテライトオフィスを骨抜きにできる。韓国もIFRS財団の議席を要求している。このような国際的な状況を理解してほしい」と発言したそうです。


まったく同感です。日本が国内に閉じこもって内向きな議論をしている間に、IASBでの日本の地位が地盤沈下してしまうおそれがあります。反対派の委員も述べているとおり日本は人口減少社会となっているのだから、人口が増え経済が発展している国でビジネスをしていかなければ日本企業の継続的な成長は望めません。そうした状況の中でIASBへの影響力を失うような決定は厳に慎まなければなりません。



2.米国の状況


SECは米国のIFRS導入についての公開討論会を7月7日に開催しました。投資家、中小公開企業、規制当局からパネリストが出席し議論をしました。パネリストの多くは、SECが5月に示したコンドースメント・アプローチを支持したそうです。また、SEC委員長のメアリーシャピロも「IFRSを米国に組み込むかどうかの決定は軽く取り扱われるべきではない」と慎重な姿勢を示しています。


今年中にSECの決定がなされる予定ですが、どうやらコンドースメント・アプローチが採用されそうな様相になってきました。

IFRSロードマップはどうなる? 金融庁審議会の議論を追う

SEC Roundtable Ponders IFRS ‘Condorsement’

松岡 佑三



0 件のコメント:

コメントを投稿