2011年3月28日月曜日

会計システムのIFRS対応~複数帳簿と単一帳簿 (その2)

イージフの松岡です。前回からの続きで、会計システムのIFRS対応の2パターンについてさらに掘り下げ、連結決算手続きを親会社と子会社でどのように分担するかについて解説します。


 


複数帳簿方式


最初に、グループ各社がローカル基準とIFRSの元帳を持つ複数帳簿方式の連結決算手続きを説明します。各社は、IFRS元帳から作成したIFRSベースの個別財務諸表を連結パッケージとして親会社に提出します。親会社の連結チームでは、各社のIFRSベースの個別財務諸表を連結会計システムに取り込んでIFRSベースの連結財務諸表を作成します。


この方法は、親会社の連結チームとグループ各社での作業負担を小さくできますが、グループ各社に、新しい会計システムを導入しなければならないため、システムへの投資負担は、大きくなります。


 

単一帳簿組替方式


次に、グループ各社がローカル基準の元帳のみを持ち、連結決算手続きの中でIFRSへ組み替える方式を説明します。この場合、親会社の連結チームで組み替える方法と、グループ各社で組み替える方法の2通りがあります。


まず1つ目、連結チームがIFRSへ組替える方式を説明します。これは、グループ各社で、ローカル基準で個別財務諸表を作成して、それを親会社の連結チームへ提出し、親会社の連結チームでそれをIFRSベースの財務諸表に組み替えを行い、連結会計システムに取り込んでIFRSベースの連結財務諸表を作成するというものです。


この方法は、親会社の連結チームの作業負担が大きくなるというデメリットがありますが、グループ各社は、今まで通りの決算書を作成するだけなので、グループ各社の作業負担を小さくできる、というメリットがあります。


 

次に、グループ各社がIFRSへ組替える方式を説明します。これは、グループ各社が、ローカル基準の個別財務諸表をIFRSベースに組替えて、それを親会社の連結チームへ提出し、親会社の連結チームは、連結会計システムに取り込んでIFRSベースの連結財務諸表を作成するというものです。


この方法は、親会社の連結チームの作業負担を小さくできますが、逆に、グループ各社で組み替え作業が発生するため、グループ各社の作業負担が大きくなります。


 

EUの傾向を踏まえての検討ポイント


この中で、EUの企業が多く採用している方式はどれでしょうか?


単一帳簿組替方式の2パターンが主流だそうです。親会社の連結チームで組み替える方式か、グループ各社で組み替える方式です。日本企業においても、EU同様にこの2つが主流になると思います。


複数帳簿方式が採用されない要因として、グループ全社の会計システムを更新するのは、コストと時間がかかることがネックになることがあげられます。連結会社数が多く手作業での組み替えでは不可能な大企業は別として、中堅上場企業では、コストベネフィットの観点から導入に至っていないようです。


 

連結子会社が10社以下であれば、単一帳簿方式の親会社で組み替える方法が、ベストでしょう。親会社の連結チームは、いずれにせよIFRS導入に向けて人的リソースを拡充することになるので、追加的な負荷も吸収できます。また、組み替え作業を連結チームに一元化することで、連結調整の品質を一定に保つことができ、さらに、その組み替えの過程で子会社の決算書を詳細に検討することで子会社管理にも資するというメリットがあります。


 

いずれにせよ、各社の企業規模や子会社管理のあり方によってベストな選択肢は異なります。それぞれのメリット・デメリットを勘案して、グループ全体でもっとも適した方法を採用することが必要になります。


 

松岡 佑三



0 件のコメント:

コメントを投稿