2011年2月28日月曜日

IFRS導入のロードマップ

イージフの野口です。
このブログでは、IFRSについて個別の基準書や公開草案などの解説が中心に情報発信をしていますが、最近はいかに対応するかという方法論も紹介しています。というのも、知識を得ることは必須なのですが、どうやって進めるか、というところはまだまだ手探りな状態である場合が多いように感じます。

そこで、「IFRS導入のロードマップ」というタイトルの記事を、ITmediaエンタープライズで連載させていただいています。この連載では、IFRS導入のステップとしてよく紹介される調査計画、計画実行、運用監視の各段階において、具体的に何をすればよいかということを解説しています。ただ単に基準書の内容に焦点を当てるのではなく、システム面や内部統制の観点からも、必要な備え、対応のポイントを説明します。

IFRS導入においても、適切な判断を行なえるように、いかに情報を収集、整理できるか、実行のためのリソースを確保できるか、適時振り返りを行ない改善できるか、ということが大切になります。このことは他のプロジェクトでも変わらないと思います。闇雲に対応を進めて、実務が混乱することは避けなければなりません。それには具体的に何をするべきかということを理解した上で、着実に準備を進めていくことが不可欠なのです。

そうはいっても、改訂を控えている基準書がある、まだまだ動向が不透明、といったなかなか動き出しにくい要因もあります。そのような不確定な要因についても、何が確定していることとしていないことを明確にして、スタンスを決めておくことが必要です。そうすることで、不確定な状況でも、手戻りすることなく、対処できるのです。

現在は第1回の記事が掲載されていますが、連載は全部で8回の予定です。
ITmediaでは、当ブログの記事も掲載していただいています。ブログ共々よろしくお願いします。

野口由美子



0 件のコメント:

コメントを投稿