2010年7月31日土曜日

「現場で使えるIFRS導入の実務」(日本実業出版社)刊行のお知らせ

















今日は書籍の紹介です。

この度、弊社ITコンサルタントの石井との共著でIFRSの実務書を刊行しました。

「現場で使えるIFRS導入の実務」というタイトルです。

本書は、経理部門を中心とした「現場の視点」で「経営層」「SIer」「コンサルタント」「担当監査人」「各現業部門」「子・グループ会社の経理部門」という関係者とともに、具体的にどのようにプロジェクトを進めていくか解説しています。

IFRS導入への課題は、会計処理、業務変更、システム対応、内部統制への対応と、非常に範囲が広いのですが、プロジェクトにまつわるすべての工程を時系列に沿って説明しています。

IFRSが適用されるまでに、いつ何をしなければならないのか、読者の方々に具体的イメージを持っていただくことが狙いです。

IFRSは日本の会計基準に慣れている私たちにとって理解しづらい会計基準です。そのようなこともあり、これまでのIFRS関連書籍は基準書そのものの解説に焦点を当てているものが多かったと思います。

本書はその基準を適用していく上でより実践的な課題とその対処法を取り上げています。IFRSの知識がなくても理解できるように平易な解説を心がけました。各企業の実務担当者の方々がIFRSに取り組む際に、本書が足がかりになればと思います。

本日7月30日の日本経済新聞朝刊2面に書籍の広告を出していただきました。

Amazonでは取り扱いが始まっており、一般書店でも並び始めているということです。是非ご覧いただければと思います。

よろしくお願いします。

「現場で使えるIFRS導入の実務」目次

序章 IFRS導入以前に、最低限知っておくべき基礎知識

第1章 IFRS導入の影響と導入工程を把握する

第2章 調査・計画段階① 0か月目  プロジェクトチームの立ち上け

第3章 調査・計画段階② 1か月目  各差異分析の立案と実施

第4章 調査・計画段階③ 4か月目 方針とスケジュールの作成

第5章 計画実行段階① 7か月目 会計方針の決定と文書化

第6章 計画実行段階② 10か月目  新業務の定義、システムの改修、規程の改訂

第7章 計画実行段階③ 7~30か月目  トライアル実施と開始貸借対照表の作成

第8章 IFRS体制構築後の運用監視段階

第9章 各業務・システム設計におけるポイント①

    ~販売業務、購買・生産業務、資産管理業務

第10章 各業務・システム設計におけるポイント②

     ~財務管理業務、人事管理業務、決算業務



0 件のコメント:

コメントを投稿